日本新三大夜景都市(通称:日本新三大夜景)の認定背景と目的

“日本三大夜景”や“世界三大夜景”というブランドは、いつ誰が決めたものか定かではありません。調べると、1950 年〜60 年代にかけての日本の高度経済成長期、国内旅行がブームとなっていた時代にかけて、旅行会社が商品造成の際に発信したのではと言われていますが、これも確かでありません。一方、それから50 年。日本の夜景は大きく変わり、「三大夜景」というブランドも新たな時代へと入っています。
2012年、「夜景サミット2012 in 長崎」にて、「モナコ」「香港」「長崎」を「世界新三大夜景」として認定以降、国内の長崎市では、廃業寸前の稲佐山ロープウェーが驚異的な来場者増を記録し、長崎市の夜景による経済効果は単年で150億円以上を生み出すなど、「世界新三大夜景」のブランド認定による大きな経済効果をもたらしました。
  さらに2015年、新たな日本ブランドとして国内外への発信・普及と夜景観光の活性化を目的として「日本新三大夜景都市」が誕生し、こちらも各都市で大きな集客効果をもたらしましたが、3年に1回の再認定の年を迎え、この度、新たな「日本新三大夜景都市」が発表されました。

日本新三大夜景(正式名:日本新三大夜景都市)の選出方法

全国約5,542名の夜景鑑賞士(夜景鑑賞士検定の有資格者)に対して、「日本新三大夜景都市」を1位〜3位まで選出するアンケートを実施。投票された各都市とランキングを、ポイント別に集計。その結果による上位三都市を『日本新三大夜景都市』通称、「日本新三大夜景」と認定しました。上位三都市を含めた、投票によるランキングは以下の通りです。

長崎市:ランキング1位

長崎夜景:01 長崎夜景:02 長崎夜景:03

長崎市:ランキング1位

「鶴の港」と称される長崎港を取り囲むすり鉢状の地形が特徴的で、稲佐山・鍋冠山・風頭公園等、多方向からの俯瞰夜景の鑑賞が可能。各視点場における夜間整備状況も良く、表情豊かな夜景が楽しめる。大浦天主堂、出島、女神大橋、眼鏡橋ほか多数のライトアップや観覧車のアミューズメント夜景、約100万人を数える来場者を誇る長崎ランタンフェスティバル等の夜間イベントも充実。さらに、夜景観光パンフレットやHPの整備、夜景ナビゲーターの活躍等の観光施策にハードとソフトの両面から積極的に取り組んでいる。2012年には香港・モナコと並び、「世界新三大夜景」に認定され、夜景観光客が激増。ライトアップ増設やイルミネーションのリニューアル等、取り組みが加速している。夜景による国内外からの観光客増加に伴い長崎夜景ブランドが確立し、今なお発展し続けている。

長崎市の観光情報はこちら→

長崎市公式観光サイト「あっ!とながさき」

札幌市:ランキング2位

札幌夜景:01 札幌夜景:02 札幌夜景:03

札幌市:ランキング2位

都市の発展とともに、国内外の観光における「夜景が美しい都市」イメージを大きく変えた。函館市や近年の夜景観光で飛躍を遂げる室蘭市など、激戦の北海道エリアはもちろん、全国の様々な夜景都市を制して「日本新三大夜景」に認定された。近年ロープウェイをリニューアルした藻岩山のほか、大倉山、さっぽろテレビ塔、JRタワーなど、俯瞰的な夜景が楽しめる視点場も多い。北海道の広大な大地に広がる人口200万の大都市夜景の魅力は「光の絨毯」や「煌めく宝石箱」など、訪れる多くの観光客が感動を共有している。冬の風物詩であるイルミネーションの先駆けと称される「さっぽろホワイトイルミネーション」や「さっぽろ雪まつり」等、世界各国から観光客が訪れる夜間イベントの豊富さも夜景都市としてのイメージを決定づけ、「夜が魅力的な都市」として年々、多くのファンを獲得している。

札幌市の観光情報はこちら→

札幌市公式観光サイト「ようこそさっぽろ」

北九州市:ランキング3位

北九州夜景:01 北九州夜景:02 北九州夜景:03

北九州市:ランキング3位

期待されたいた数々の大都市を抜いて堂々の第三位にランクイン。「工場夜景ブーム」を行政が効果的に活用し、様々な商品を生み出しながら継続的なプロモーションを行っている点が評価を受けた。また、「小倉イルミネーション」「北九州アイアンツリー」など、光演出の豊富さも都市の人気や魅力を向上。皿倉山、高塔山、足立公園、門司港レトロなどの視点場も豊富で、その総合力を活かしながら、さらなる上位の可能性も秘めている。

北九州市の観光情報はこちら→

北九州市公式観光サイト

スポット紹介

只今準備中です。

イルミネーション検定公式サイトへイルミネーション検定公式サイトへ夜景検定公式サイトへ日本夜景遺産公式サイトへ