長崎夜景:01 長崎夜景:02 長崎夜景:03 長崎夜景:04
長崎市:ランキング1位

「鶴の港」と称される長崎港を取り囲むすり鉢状の地形が特徴的で、稲佐山・鍋冠山・風頭公園等、多方向からの俯瞰夜景の鑑賞が可能。各視点場における夜間整備状況も良く、表情豊かな夜景が楽しめる。大浦天主堂、出島、女神大橋、眼鏡橋ほか多数のライトアップや観覧車のアミューズメント夜景、約100万人を数える来場者を誇る長崎ランタンフェスティバル等の夜間イベントも充実。さらに、夜景観光パンフレットやHPの整備、夜景ナビゲーターの活躍等の観光施策にハードとソフトの両面から積極的に取り組んでいる。2012年には香港・モナコと並び、「世界新三大夜景」に認定され、夜景観光客が激増。ライトアップ増設やイルミネーションのリニューアル等、取り組みが加速している。夜景による国内外からの観光客増加に伴い長崎夜景ブランドが確立し、今なお発展し続けている。

長崎市の観光情報はこちら→

長崎市公式観光サイト「あっ!とながさき」
札幌夜景:01 札幌夜景:02 札幌夜景:03 札幌夜景:04
札幌市:ランキング2位

都市の発展とともに、国内外の観光における「夜景が美しい都市」イメージを大きく変えた。函館市や近年の夜景観光で飛躍を遂げる室蘭市など、激戦の北海道エリアはもちろん、全国の様々な夜景都市を制して「日本新三大夜景」に認定された。近年ロープウェイをリニューアルした藻岩山のほか、大倉山、さっぽろテレビ塔、JRタワーなど、俯瞰的な夜景が楽しめる視点場も多い。北海道の広大な大地に広がる人口200万の大都市夜景の魅力は「光の絨毯」や「煌めく宝石箱」など、訪れる多くの観光客が感動を共有している。冬の風物詩であるイルミネーションの先駆けと称される「さっぽろホワイトイルミネーション」や「さっぽろ雪まつり」等、世界各国から観光客が訪れる夜間イベントの豊富さも夜景都市としてのイメージを決定づけ、「夜が魅力的な都市」として年々、多くのファンを獲得している。

札幌市の観光情報はこちら→

札幌市公式観光サイト「ようこそさっぽろ」
神戸夜景:01 神戸夜景:02 神戸夜景:03 神戸夜景:04
神戸市:ランキング3位

これまで函館・長崎と並び「日本三大夜景」として存在を示してきた神戸市。その存在感や魅力は多岐に渡り、多くの夜景ファンからも票を獲得した。その大きな魅力が、圧倒的な視点場の豊富さ。街の背景にそびえる六甲山・摩耶山など標高800m級の山頂付近に存在する「掬星台」「天覧台」「六甲ガーデンテラス」等の視点場からの圧倒的な大パノラマ。神戸ポートタワーや神戸大橋の鑑賞ポイントでもあるハーバーランドやメリケンパーク等の湾岸夜景や、旧居留地や教会、異人館等のライトアップ。神戸の夜景の魅力を様々な角度から堪能できるホテル・レストランなどの充実などが挙げられる。また、近年ではクルージングやバスを活用した夜景鑑賞ツアーなどの旅行商品にも力を注いでいる。国内屈指のイルミネーション「神戸ルミナリエ」や、情緒溢れる市街地では光による街づくりにも推進し、日々夜景が進化し続けている。

神戸市の観光情報はこちら→

神戸市公式観光サイト「Feel KOBE」
イルミネーション検定公式サイトへイルミネーション検定公式サイトへ夜景検定公式サイトへ日本夜景遺産公式サイトへ